2007年01月20日

秋川雅史「千の風になって」がクラシック初のオリコン1位に

オリコンによると、紅白出場直後の先週1/15付で前週の31位から4位へ一気に急上昇を果たした、テノール歌手・秋川雅史のシングル「千の風になって」が、今週になってさらに上昇。 発売から8ヶ月を経て、1/16に遂にクラシック系のアーティストとして初の1位を獲得した(クラシック系アーティストの過去のヒットは、カウンターテナー・米良美一の「もののけ姫」が13位で最高)。

B000F6YSCK千の風になって
秋川雅史 新井満 EDISON

テイチクエンタテインメント 2006-05-24
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「私のお墓の前で泣かないで下さい」・・・大切な人への想いを歌ったこの曲は、作者不詳の「A THOUSAND WINDS」という英詩を作家の新井満氏が日本語に訳し、曲をつけて発表したもの。

久しぶりに音楽で涙を流しました。そして、亡くなった私の大切な人のことを思い出しました。あれから時間が経っても、今もなお思い出せるのは、きっと風になって隣にいてくれるから、と思いました。私は、お墓の前で吐くほど泣きました。でも、あの人は既に千の風になっていたんだと、今なら分かります。そうして、いつか私の命が終わる時、千の風としてありたいと感じました。
・・・以上は、アマゾンのレビューから。この歌への感動がすなおに伝わってくる文章だと思う。

この歌は、他にも新垣勉、綾乃ひびき、宗田舞子などのアーティストが取り上げており、皆それなりに味わい深いが、秋川の歌唱は、何の先入観もなしにこの歌を聞いたときに、声質やビブラートといった歌い手の属性が気にならず、歌詞の意味がダイレクトに聞き手に伝わってくる点で、秀でていると思う。
文字通り、空を吹き渡る風のような力強さを備えた大らかな秋川の声と、詞の発音を大切にして、大げさな抑揚や習慣的なビブラートを自制した秋川の歌い方が、この曲にはマッチしていると思えるのだ。

◆オリコン「クラシック歌手、史上初の1位!!」

◆オリコン「秋川雅史、NHK出演後に大反響!!」

◆YouTube「千の風になって〜秋川雅史」(NHK出演時の動画)

◆秋川雅史オフィシャルホームページ

人気ブログランキング人気ブログランキングに参加。押してくれると嬉しいです




posted by long-tail at 23:22| Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うお
今気付きました

普段携帯からミクシ見てるから、外部のブログとかは表示されないんですよね

こういうクラシック系が普及してくれると良いですよね
Posted by もじゃ at 2007年01月23日 12:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

秋川雅史
Excerpt: 秋川雅史愛媛県西条市| Instrument = | Genre = クラシック音楽| Occupation ..
Weblog: さえの部屋
Tracked: 2007-08-16 04:35
ウィルコムストア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。