2007年03月25日

ららぽーと横浜に行ってみた

思い立って、3/15にオープンしたばかりの「ららぽーと横浜」http://yokohama.lalaport.jp/に行ってみました。往路は市が尾から新上麻生線で鴨居へ。復路は緑産業道路をまっすぐイケア港北店の角まで、そこから左折して宮前方面に帰って参りました。
何の予備知識もなく行ったのですが、規模のでかさにビックリ。3階建て、と高さは控えめですが、たしかにこの敷地の広さに3階以上建てても、とても全貌が把握できそうにありません。
滞在時間が1時間ちょっとだったので、敷地の南側を中心に、わずかなテナントしか見ませんでした。以下、入ってみた店のコメントです↓

◆東急ハンズ:ワンフロアで品揃え把握しやすいのが◎

◆無印良品:こじんまり。

◆ノジマ:家電&パソコン。そこそこの広さと品揃え。

◆島村楽器:最近あたらしい商業施設に積極的に出店してる楽器屋さん。カタログ類がきちんと揃っていた。開店セールで、譜面台を800円で売っていた。黒で、割と軽い使いやすそうなやつ(ウイットナーのではない)。でもCDやDVDは置いていないのであった(HMVが隣だから?)

◆HMV:テナントとして入ったこと自体は目出度いが、品揃えに疑問が。「テーマ別の商品紹介」「CD&DVD以外の商品も充実」などを売りにしたNEW STYLEの“コンセプト・ストア”らしいが、当方が期待した激安クラシック輸入盤コーナーなどは見あたらず。はっきりいって、CD探しにくいです。

◆ABC-MART:本当はそれほど安くないのに、安くてそこそこオシャレというイメージづくりに成功している靴屋さん。

◆ユニクロ:まいどおなじみ。中規模店です。

◆ユニアート:これが本日最大の収穫。文具&画材&趣味の店なのだが、その存在すら全く知らなかった。帰宅後ホームページhttp://unidy.info/uniart/を見て判ったのだが、ここ以外には平塚に店があるだけ。母体は、三井不動産系のユニディというDIYショップらしいが、それとて全然知名度があるとは思えない(ちなみにららぽーとは三井系)。それなのに、いきなり東急ハンズとタメをはるほどの広い店面積に、東急ハンズを圧倒するマニアックな品揃え!特に驚いたのが、鉄道模型や人体模型などの品揃え。大規模な鉄道模型に必要な様々なポーズをとったミニ人物の模型(輸入品)が、5人2,000円程度のセットで、わんさと置いてあったりした。地球儀とかの品揃えもすごかった。

◆紀伊國屋書店:3階の中央にあった。でも店内みてません。

◆SWIMMER:女の子向けの雑貨屋さん。異常ににぎわっていた。

ざっと、こんなところです。でもテナント370店というのは、ほんとうにスゴイ規模。これだけ巨大な商業施設が近くにできちゃうと、都筑阪急や港北東急には、ますます閑古鳥がなくようになるだろうなあ。


posted by long-tail at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・雑想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ウィルコムストア
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。